So-net無料ブログ作成

【バカテス】僕は歴史上の人物になりました。【1期第9話B】 [バカとテストと召喚獣]

スポンサーリンク





こんにちは。
今回は、バカテス第9問「キスとバストとポニーテール」 について
書いていきます。


最初の方で少し紹介もしたので、
こちらもよろしくお願いします。
http://aniwota-blog12.blog.so-net.ne.jp/2014-06-09


そしてAパートはこちら。
http://aniwota-blog12.blog.so-net.ne.jp/2014-06-29-3


普段しないような行動をしたことで怪しまれる明久。
そんな明久の家で勉強会をすることになり、家に向かっている途中から
姫路が壊れ始めます。

「手作りの弁当を持ってきたところを見ると…」
「十中八九ガールフレンド。」
「どうゆうことアキ!?説明しなさいよ!?」
「いや…僕まだ何も言ってないんだけど…」
「大丈夫ですよ。吉井君が隠れて誰かとお付き合いするはずありませんよ。
undefined
 …そうですよね?吉井君」
「目が…笑ってませんけど…」


ガチャッ
「うおおおおおおおおお!!!!いきなりフォロー出来ないものがあああああ」
「これ以上ない物的証拠ね!!」
「殺したいほど妬ましい…」
「ダメじゃないですか、吉井君。
undefined
 このブラ、吉井君にはサイズが…合ってませんよ?」
「「「認めない気だ…!!」」」


「あ!!あれって…!!」
「化粧用のコットンパフじゃな」
undefined
「いいえ。あれはハンペンです」
「「「ハンペン…」」」

なんだかひぐらし要素のある姫路でした。



ハーバード大学で教育課程を修了した姉を見て理解した雄二。
「なるほど…。出がらしか」
「その言葉の真意は!?」

この出がらしとは、
姉は優秀、明久は馬鹿。明久の馬鹿は玲の残り物。
というような意味合いです。


一人暮らしを取り戻すために
明久はもう勉強をしてテスト(世界史)に挑みます。

「いける!」

「よし。精一杯解いた。あとは残り時間で見直して…」

キーンコーンカーンコーン

「ようし!筆記用具を置け。後ろの席、答案用紙を集めろ」

!!!!

undefined

クラス:紀元前 番号:334

氏名:アレクサンドロス大王


さようなら。僕の一人暮らし。



「まったく、アレクサンドロス大王くんったら。」
「名前の欄に1問目の答えを書いて、以後は全部ズレたわけですか…」
「どうか!本当の名前を呼んでくださぁい!」
「ダレイオス三世くん」
「ああああ!!これ以上僕を辱めないで!!!」


おもしろすぎる。
この回はいつ見てもおもしろいwwww
フルで見ることを推奨します。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いしますね!

閲覧ありがとうございました。

画像参考:Google 画像

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
p

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。