So-net無料ブログ作成

バカとテストと召喚獣 [バカとテストと召喚獣]

スポンサーリンク





バカとテストと召喚獣.jpg

「バカとテストと召喚獣」、愛称「バカテス」。 井上堅二によるライトノベル。


このアニメはいまから約4年前に放送されていました。
アニメーション会社はSILVER LINK.という
当時アニメをよく見ていた私でしたが、初めて知った会社でした。

バカテスはアニメから入ったのですが、
初めて見た時、「なんかどこかの会社と描き方似てるな」と
思っていましたが、すぐに思い出しました。

そう。あのシャフトです。

独特の角度や背景、アニメーションの全てが
いままでのアニメを逸脱してる会社…。

なぜシャフトっぽいのか調べた結果、
アニメ「バカテス」の監督、大沼心(おおぬま しん)さんが
かつてシャフトの新房監督とご一緒に仕事をされていたようです。

新房監督の作品はすごく魅力的ですよね。
それがバカテスにも反映されたのは
ひとりのファンとして素直に嬉しいです。

アニメ化決定した時の作者のように喜んじゃいます。


SILVER LINK.とシャフトの違いは
SILVER LINK.の方が
全体的にポップに描かれています。

特に、影にドットを加えるところは、
大沼監督のセンスだと思っています。

126830035471516202522.jpg



そんな会社が作り上げた「バカとテストと召喚獣」、
一体どんな内容なのか、さっくりとご紹介させていただきます。


私立文月学園。ここは学力に力を入れている高校である。 クラスは学力に応じて割り振られており、クラスごとにそれぞれ教室の設備が異なっている。 上のAクラスはPCやソファ、下のFクラスはちゃぶ台と畳で授業を受けるという厳しい教育格差がある。 そんな中、観察処分者の称号を持つ吉井明久は、訳あってFクラスになってしまった姫路瑞希の為に、 教室の設備向上を目指す。設備を向上させるには、テストの点数がHPとなる試験召喚獣を使って、 他クラスの生徒と戦い勝たなくてはいけない。 明久と雄二は、それぞれの野望を持ちながら、Aクラスの設備を狙う。 果たして、学力底辺のFクラスがどうやってAクラスに勝つのか!?


ここからはざっくり人物紹介していきます。

c863ab9fa0d96103cc9a6cae2ecb498f.jpg

画像がいかにもDVDで申し訳ないです。
紹介しやすい画像だったので。


【上・左】島田美波(CV:水橋かおり)
     Fクラス。ドイツからの帰国子女。

【上・中】姫路瑞希(CV:原田ひとみ)
     Fクラス。学年トップと並ぶほどの秀才。

【上・右】霧島翔子(CV:磯村知美)
     Aクラス。学年トップで才色兼備。将来の夢は「雄二のお嫁さん」。

【中・左】吉井明久(CV:下野紘)
     Fクラス。史上最強のバカ。主人公。

【中・右】坂本雄二(CV:鈴木達央)
     Fクラス。やればできるバカだがやらないからバカ。

【下・左】土屋康太(CV:宮田幸季)
     Fクラス。「ムッツリーニ(寡黙なる性識者)」というあだ名を持つむっつりスケベ。

【下・中】木下秀吉(CV:加藤英美里)
     Fクラス。「性別:秀吉」ができるほどの中性的な子。ほんとは男の子。優子の双子の弟。

【下・右】木下優子(CV:加藤英美里)
     Aクラス。実はBL(美少年限定)が好き。秀吉の双子の姉。



バカテスのすごさはアニメーションだけじゃないのです。

なんといってもキャストの豪華さ!

ここに登場していないキャラでも
一度は聞いたことあるんじゃないか、というほど
有名な方もいらっしゃいます。

やはり豪華なだけあって
セリフの言い方から演技まで
もう凄いとしかいいようがありません!

下野紘さんの個性的な演技。
鈴木達央さんのよく叫ぶけど落ち着く声。
原田ひとみさんのかわいらしい高い声。
水橋かおりさんの活気のある声。
加藤英美里さんの双子の声の使い分け。
宮田幸季さんの寡黙キャラ声。
磯村知美さんの儚げな声。

声優さんのすごさは出したらキリがないけど
バカテスだけでもこれだけ言えちゃうのです。

個人的にも、キャラと声は合ってると思うので
初めて見ても大丈夫かと。


ちなみに、アニメの明久はかなり優しい性格ですが
原作の明久はかなり邪悪な性格をしています。

アニメでは雄二にいじられたらいじられっぱなしですが、
原作では仕返しを怪しく考えます。

もしかしたら、明久の中の人(下野紘さん)が
いじられキャラなのにちなんで少し変えられたのでしょうかね。






そして、ここからはざっくりと
1期と2期について語ります。

全体的に見ると、
1期は主に学園生活を描いていて、
2期は一部のキャラの過去を描いています。

そのためか、1期と比べて2期は
少し面白さが欠けるように思いますが、
その分、1期にはない感動が組み込んであります。

そういえば、1期には結構パロディー要素が強いですね。

ジョジョやエヴァのように、有名な作品を諸にパロってるのも
見どころなのかもしれません。

1期の第8問「暴走と迷宮と召喚獣補完計画」なんか
最初から最後までエヴァパロオンパレードですよww





最後に、1期・2期それぞれの
私的オススメ回をひとつずつ紹介しようと思います。

これらの回はぜひ見てほしいです!



まず1期からいきます。


第9問「キスとバストとポニーテール」


126809545125116411608_BAKATES_009_001.jpg


自由でやりたい放題のひとり暮らしを満喫していた明久のもとに、突然の来客が…。

玄関の扉を開けた先に待っていた人物とは…、そう!
明久の実姉・玲(あきら)だったのです。

明久が心配でバスローブ姿で帰ってきた玲、
そんな玲は明久よりもダントツ頭が良い。

明久のお粗末な学力と生活を気にかけたあげく、
「ちゃんと生活しないと私も一緒に住む」と言います。

自由を奪われないために明久は、
「ちゃんと生活してるよアピール」を出す為に
姉のいる間生活を改め、テストで良い点を取ろうと頑張ります。

最初は明久のその様子を怪しむ仲間たちですが、
事情を理解してからはテスト勉強のお手伝いをするため、
勉強会を設けます。

そして、テスト当日。
自信に充ち溢れた明久に待っていた結末とは…!?




はい。この先はネタバレなので
次、2期いきます。



第8問「ウチと日本と知らない言葉」


imagesCAR4RNAG.jpg


美波が文月学園に転校してきた時の話です。

ドイツで過ごした期間が長かった為、
あまり日本語が話せなかった美波。

そのため、最初の自己紹介で
自分の名前を間違えたあげく、
帰国子女に興味持って美波に寄って来た生徒たちに
上手く日本語をしゃべれなかった為に
完全に孤立してしまいます。

そんな美波に、明久が不思議な言葉を発します。

Tu ne voudrais pas devenir mon amie ?
チュヌ・プドレパ・ドブニール・モナミ?

美波は理解できず、その後も何度も言ってくる明久に
イライラしてきますが、
とある記憶がよぎってからハッとし、
言葉を一生懸命調べ始めます。

この言葉の意味は一体…。

おバカな明久が頑張って調べた結果だと思うと、
明久の人間性と努力に感動できます。




以上で、「バカとテストと召喚獣」終わりとさせていただきます。

オススメ回の方は、ぜひ見ていただきたいです。(2回目)

ここまでの閲覧、ありがとうございました。



参考画像:Google 画像




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
p

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。