So-net無料ブログ作成

銀魂(5期) 第二話『休暇届け』感想&ネタバレ [銀魂]

スポンサーリンク





5期のスタートは、シリアスな話からスタートした銀魂.!
いつまでシリアスな感じが続くのかなと思う中の人・・・
嫌いではないが!はっちゃけくれるのを期待しつつ第二話観てみました(`・ω・´)

1.png

小太郎『あの時、あの場所で笑っていたのはまぎれもない俺たちの先生だったと』

そう信じている小太郎に銀時は、『松陽は死んだ』と伝える。

小太郎『次は俺の番だ。お前に二度も師を切らせるわけにはいかないからな』

一人、万事屋の前に立つ神楽。

2.png

懐かしい思い出が、神楽に蘇る・・・

3.png

そとに居る神楽に気付いた定春は、しきりに外を気にするが・・

4.png

神楽には会えずに悲しむ定春。

5.png

神楽は、『休かとどけ』をおいて万事屋を後にしていました。

銀時『あのバカ・・こんなもんわざわざ書かなくても万事屋はとっくにもぅ・・』
新八『万事屋はまだ終わってない、必ずまた帰ってくる・・そうゆうことでしょ』

銀時にも何をすべきかわからない状況だけど
万事屋としてやらなきゃいけないことをするだけと決意します。

銀時『必ずここに帰ってくるぞ。3人と1匹で』

6.png

星海坊主は、息子を狙う中で邪魔をするのであれば獲物にすると宣言。
朧は、敵意をむき出しにするも、虚に止められます。

虚『朧、引きなさい。彼は私たちの見方ではないが、敵でもない。
  息子を前にして何ら揺らぐことなく矢をつがえるただの狩人です。』

7.png

その頃、神楽は・・・大量に食ってますwwww
この身体のどこにそんな食料詰め込めるんだろうか?
まぁ・・実際、細身の大食いもいるから普通なのか(ノ∀`*)

神楽は、父である星海坊主と兄の神威を止めにここに1人で来たようです。

8.png

坂本辰馬『なら、あのチャランポランはどんなくだらなん事のために戦おうとしているのだろうか?』

9.png

銀時きたああああヽ(・∀・)ノ

あまり銀時の出番ないから心配しちゃったよ。
今回、主人公あまり出番ないんじゃね?とかwww
心配無用だった!!

10.png

信女『早く行った方がいい。喜喜がこちらの動きに感ずいた
     こっちは私が引き受ける、あとはあなたたちでなんとかして』
新八『信女さん・・』
信女『一つ聞いてもいい?あたなはここに松陽の弟子としてきたの?
                            高杉の仲間として来たの?』
銀時『頼まれればなんでもやるのが万事屋さ・・一つ聞いていいか?
    お前は松陽の弟子として俺たちに力を貸したのか?高杉の仲間として手を貸したのか?』
信女『似てたから、間のびした顔が・・馬鹿ね』
銀時『あぁ。俺もお前もな』

宇宙へ向かって出発する銀時。

高杉と揉めた理由を坂本はわからないけれども
昔から喧嘩ばかりの悪友・・
その喧嘩を止めるのは坂本の役目だと。

今回、いい話なので全ては語りません(゚うェ´゚)
色々、集合状態で銀魂大好き子には、楽しいのではないでしょうか?w
このあとから銀時の動きも激しくなるのでぜひアニメで観てください♪

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
p

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。