So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年1月10日スタート『ハンドシェイカー』第一話 感想 [ハンドシェイカー]

スポンサーリンク





1.png

アニメイトの30周年記念で作られたアニメという事でかなり期待をしてしまいますね!
しかも、GoHands、フロンティアワークス、KADOKAWAの共同原作なんて
さらにワクワクしちゃいますが、いったいどんなアニメになってるのか
早速、観てみました(*´ェ`*)

2.png

いきなり・・可愛いお姉さんが鎖で拷問されているかのような・・
そんな危ないプレイを含むアニメなのかと一瞬固まりましたが
どうやら、この鎖を出しているのがこの女の子のようΣ(´Д` )
いくらなんでも、女の子踏みつけなくてもいいのにと思った瞬間でしたw

始まりの過激に少し押されながらも、結構平凡な学校生活になったのでホッとしたり。
主人公は、男の子で高槻手綱(たかつき たづな)機械修理が得意なおとなしそうな子!

そんなタヅナは、大学部の槙原(まきはら)から修理の依頼を受け大学へ向かう。

3.png
寄り道・寄り修理はしないといった矢先に寄り修理(*´∀`)クスクス
通りかかった車の修理まで簡単にこなしてしまうとか
男の子としては、好感持てるキャラです。

ちなみに口癖は『噛み合ってる』噛み合えばなんでも修理できるって事かな!?w




大学部に着くものの肝心のマキハラの姿はなく、導かれるように
部屋の奥にある診察室のような部屋へと足を踏み入れるタヅナ。
そこには、亡くなった妹、結(ムスブ)にそっくりな少女が・・

5.png

少女を見たタヅナは、ムスブを思い出す所がなんとも切ない゚(゚´ω`゚)゚。

ムスブ『お兄・・ちゃん・・・手・・離さないで』

そんな事言われて息を引き取るとか、最高に悲しすぎる!!

6.png

謎の少女、芥川小代理(あくたがわ こより)コヨリの第一印象は
真っ白な肌に青い瞳が、とてつもなく冷たさを想像させる感じで
心が見えない女の子だなと思いましたね。

てか!ムスブにそっくりすぎでしょ(`ω´;)
こんなにそっくりにしなきゃダメだったのかとか思いますがw

7.png

目覚めたコヨリが、タヅナの手に触れた瞬間!!!
幻想的なお部屋に早変わり。
基本、幻想的な感じは嫌いじゃないのでほのぼのしますね。
特に金魚が印象的でかなり和んでしまいましたが
主人公、タヅナは苦しそうに・・

13.png

この瞬間にタヅナの『ハンドシェイカー』としての力が与えられたんですね!
聞こえてくる声が『バベルの啓二』ってやつなんですかね?
不思議な力を手に入れる瞬間の場面とか結構好きなので
この瞬間もかなり気に入ってたりします(*´ェ`*)

8.png

バベルの啓二を受けたタヅナの前に現れた
かなりハイテンションなこの男性が、マキハラてことかなぁ?w

パートナーが見つかったって叫んでるから
マキハラの役目は、ハンドシェイカーのパートナーを見つける事なのだと
勝手に解釈したけどとにかくテンション高い!!w

9.png

その反面、真面目に話すこともあるので安心しました。
でも・・ここで衝撃的な事実が!!

マキハラ『ダメだな 離してはいけない。離さないでくれコヨリ君は目覚めた 
            目覚めてしまった以上君がその手を離せばコヨリ君は・・死ぬ』

て、言った瞬間マキハラ消えたよΣ(゚ω゚)
マキハラって何者なのか謎が一つ増えましたよ!!

その瞬間、建物崩壊し始めるし展開にビックリしましたが
襲ってきた人がわかって納得しました。
これで、初めの鎖の人との闘いに繋がるわけだと・・

10.png

タヅナを守ろうと、手を離そうとするコヨリに

タヅナ『やめろ・・やめてくれ・・手を離さないでくれ』

妹のムスブとの約束を思い出したタヅナの悲しみがこもってましたよ。
この瞬間が、タヅナのハンドシェイカーの力を引き出すきっかけに!!

11.png

タヅナらしいニムロデで、イメージにピッタリヽ(・∀・)ノ
機械いじりが好きだから、歯車なのかなぁw

この歯車が、武器化するとかちょっと面白いです!

12.png

でも、手を離せないのは闘いにくくないのかなぁとか
余計なことまで気になるけど・・そこは伏せておく所かっっ!w

しかも!!終わり方が、ダメだろぉおおおおお
なんて半端な終わり方してんだよ・・・・。
続きを気にさせるこの作戦、ふふっ。中々面白いですね。

気になる人は、ぜひアニメをご覧ください☆

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
p