So-net無料ブログ作成

【ハガレン】一期と原作におけるホムンクルスの違い [鋼の錬金術師]

スポンサーリンク





ハガレン.jpg

「鋼の錬金術師」略称「ハガレン」。荒川弘により月刊少年ガンガンで約9年間連載された漫画。2003年に第一期、2009年に第二期が放送された。


きたきたきたきた

キターーーー(゚∀゚)ーーーー!!


私の懐でぬくぬくと温め続けた作品!
ハガレンは2004年からの大ファンです!

本当、漫画もいちから全て読み漁りました。大変でした。

そんなわけで、今回は第一期のお話。


第一期は原作とかなり話が違います。
というのも、 完全アニメオリジナルの内容なんです。

なので、登場人物も少し異なるのです。
とくにホムンクルスが違うのです。

一期ではダンテさんが出るのです。
これはアニメオリジナルのキャラで、原作で言うならば「お父様」ですかね。
ホムンクルスの統括者という感じです。

dannte.jpg

▲ ダンテ(CV:杉山佳寿子)


あとは、原作のスロウスはいつも地下で穴を掘ってて「めんどくせー」が口癖な巨漢でしたが、
一期では姿形完全にエルリック兄弟の母・トリシャなのです。


トリシャ.png

▲ トリシャ・エルリック(CV:高森淑乃)


一期スロウス.jpg

▲ 一期スロウス(CV:高森淑乃)


原作スロウス.jpg

▲ 原作スロウス(CV:立木文彦)
  ※二期登場



また原作では、ブラッドレイ大総統が「憤怒(ラース)」、養子のセリムが「傲慢(プライド)」ですが、
一期では、ブラッドレイ大総統が「傲慢(プライド)」、アニメオリジナルでイズミの子供が「ラース」と
なっています。

セリム 大総統.jpg

▲左 セリム・ブラッドレイ(CV:津村まこと/三瓶由布子)
▲右 キング・ブラッドレイ(CV:柴田秀勝)
    ※セリム(ホムンクルスver.)は二期


hagaren004.jpg

▲ ラース(CV:水樹奈々)



一期のホムンクルスは原作と少し違い、
人体練成をして生まれた失敗作に賢者の石を与えるとベースとなる人の姿になるというものでした。

例えて言うならば、エドとアルが人体練成して生まれたのがこちら。

人体練成.jpg

こちらに、賢者の石を食べさせると、
スロウス(ホムンクルス)になります。


と、いった感じです。

なので、ラースはイズミが行った人体練成で生まれた子なんですよね。

ちなみに、その賢者の石を食べさせたのは誰か?
答えはただ一人、統括者のダンテさんです。

なぜ賢者の石を食べさせてホムンクルスを作っているのか?

こちらの疑問は、ぜひ本編にてご確認ください。


閲覧ありがとうございました。

画像参考:Google 画像




スポンサーリング






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
p

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。